ETCカードの基本情報徹底紹介

ETCカードは節約になるので、最近では自動車購入時から保有する人が多いです。

ETC導入に必要なものとは?

ETCを導入することに決めましたら、準備する必要なものがあります。

一つは、ETC車載器です。

この機械を車や二輪車に取り付けることにより、無線で高速道路の利用距離を計測することができ、そして料金を割り出すことが出来ます。

この機械の値段は、安いものですと、5000円くらいからありますが、高いものですと3万円くらいします。

特に二輪車に取り付けるときは、水や振動に強いものが良いですので、その分値段が高くなります。

ETC車載器を準備しましたら、セットアップをします。

セットアップの方法は、ETC車載器を購入したお店で有料でやってもらうか、自分でするかになります。

自分でする場合は2種類。
オンラインセットアップ店に申込み書を出し、車両情報を記入し、インターネットでセットアップに必要な暗号化された情報を送受信し、セットアップをする方法、
必要な情報をファクスや郵便で送ってもらうオフラインセットアップの方法があります。

ETC導入に必要な別のものは、ETCカードです。

ETCカード作成法についてはまた詳しくご説明したいと思います。
すでにクレジットカードを所有している場合、同じ会社にETCカードの申し込みをすれば、発行してもらえます。
また、急いでいる場合は、即日に発行してくれるクレジット会社に申し込みをして、ETCカードを発行するという方法もあります。

年会費が有料のところや、無料のところ、付帯サービスも会社によって違いがありますので、自分に合っている会社を選んで申請する必要があるでしょう。

. This entry was posted on 水曜日, 12月 11th, 2013 at 8:53 PM and is filed under 必読情報. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.



XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

It may take some time for your comment to appear, it is not necessary to submit it again.