ETCカードの基本情報徹底紹介

ETCカードは節約になるので、最近では自動車購入時から保有する人が多いです。

ETCカードの基礎知識

ETCカードは高速道路や有料道路を通る時に、現金を持っていなくても、ETCカードと装置があれば、専用レーンを通れます。

・ETCカードについて

ETCカードは、高速道路や有料道路を通行する時に、クレジットで通常料の支払いができるシステムです。

専用の読み取り器を車に設置しなければいけませんが、装置はピンキリだからやすい物ならお手頃価格で購入できます。

装置にカードを差し込み、後はETC専用レーンを通過するだけで、どこからどこまで利用したかが自動で記録されます。

キャッシュレスが可能となるので、現金を持っていない時でも有料道路や高速道路が利用できます。

・レーンの違い

ETCカードを使う場合は、ETC専用レーンを通ります。

専用レーンには、機械からカードを読み取るようになっているので、ETC車載機から信号が送られそれをレーンにある機会が読み取るという仕組みです。

これにより料金所で、いちいちストップせずにすみますし、お金を払う時の時間なども短縮できます。

ただし間違って一般レーンに進んでしまった場合や、降りる時に一般レーンに行くと、ETCカードが使えないので注意してください。

必ずETC専用レーンを通過してください。

・まとめ

もしも誤って一般レーンに行ってしまった場合は、一旦停止して係員にそのことを伝えれば対処してもらえます。

入口で間違えた時、出口で間違えた時の対応も違いますが、どちらも対処してくれます。

ただしレーンを正しく通過していないと、割引サービスが受けられません。

. This entry was posted on 土曜日, 12月 21st, 2013 at 8:29 PM and is filed under 必読情報. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.



XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

It may take some time for your comment to appear, it is not necessary to submit it again.